またまた沖縄に行ってきました.その2

Okinawa2011_02

高い所と狭い所加えて単調なノイズ音が嫌いなオヤジとしては、
飛行機に乗るたびに色々と対策をたてます.

今回の秘密兵器はiPadとSONYのノイズキャンセリングホン(MDR-NC33)です.
飛行機内でのiPadの使用は、機内モードにしておくことで3GSモデルでも問題のないことは事前にwebなどの情報で確認済みです.

で、実際の飛行機内での使用感というか感想についてですが、
SONYのノイズキャンセリングホン(MDR-NC33)に関してはかなりパーフェクトです.
 ノイズキャンセリングホンを使ってiPadで音楽を聞いていると、まるで飛行機のエンジンが止まったのでは無いかと不安になるくらいノイズが無くなって、クリアーな音が聞こえます.なぜ飛行機にノイズキャンセリングホンが標準装備でないのかと不思議に思うくらいです.飛行機で上映している映画や番組を聴こうとしますが、飛行音がひどくて中々聞こえないですよね.

一方、iPadについては少し問題点が発覚です.最大の問題点は、全ての電子機器は離発着時に使用できない事、つまり安定飛行にならないとiPadで本を読めない、もちろん音楽も聞けないのです.飛行時間がせいぜい2時間程度の国内線では、実際に使用できる時間は1時間ちょっといった所です.

うーん、これの改善は法律を変える以外には本質的には無理ですね.ちなみにこれはiPadに限らず全ての電子リーダーに共通の問題点なのです.

ちょっと、トホホですね…

Okinawa2011_03
続きはまた.


| | TrackBack (0)

またまた沖縄に行ってきました.その1

Okinawa2011_01_2
案の定、12月の始め頃に嫁さんが正月に旅行に行きたいと言い出した.
目的地は、グアムか沖縄.
パスポートは切れたままなので、目的が沖縄およびDFSであることは明白である.

飛行機キライなオヤジとしては、沖縄も冬で寒いからとか、今年は休みが短いとか、
やっぱり沖縄は夏がいいんじゃないとか、思いつくままに理由を並べて誤魔化す.
こうして1週間程立ってくると、段々と家の中がギスギスした雰囲気に…

そうこうしているうちに12月も半ばになり、少し険悪なムードに耐えかねて行きたいなら
自分でツアーを探してねと. 内心はどうせツアーも残っていないと期待していたのですが、
何処で見つけてきたのか粘り過ぎた事が仇となって格高ツアーとなってしまった.

うーん、何となく何年か前にこのブログで似たような事を書いたような気がするが、気のせいかな?

続きはまた.


| | TrackBack (0)

精霊流し

 今日、いやもう昨日になるのかな、買い物に行こうと車で甲子園球場付近を走っていると小さな川(新川)の付近に「精霊流し」と書いたいくつかののぼりが立っていた。見た感じでは昔からの風習といった様ではないがもう「お盆」なんだなと思った。「精霊流し」といえば我々の世代は「さだまさし」の歌を思い出し、なんとなくは長崎の独特の風習と勝手に思い込んでいたりするが、広辞苑などを調べると8月15日から16日にするものとしか記述はなく地域のことには何も言及されてはいない。これも大ヒット曲の功罪といったところか。もう一つ、これは功罪かどうかは不明であるが読み方である。「しょうろうながし」ではなく「しょうりょうながし」である。歌の題名は確かに「しょろうながし」であり歌詞もそのようになっていたと記憶しているので、もしかしたら長崎では「しょうろうながし」というのかもしれない。
 いづれにしても僕は「お盆」というと今年も夏が終わりかけているなあと思うのであるが、ここ数年の日本の暑さはそのような季節感もなくしてしまうほどに暑いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポートピアランド

portpialand1 ポートピアランドが3月で廃園になると聞いたが良く調べれたら来年の3月とのことでした。いずれにしろ関西圏から遊園地というより子供の遊び場所がどんどん減っていくことには変わりがない。これも子供が減ってきている影響なのでしょうか。そういえば一月に科学館を訪れたときには冬季休園していた。いくら寒いからといって休園すると言うのも変だなと思っていたのですがこれも関係があったのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くすの木の下で

cycle003 武庫川の河川敷にくすの木があります。とても大きな木です。

コニカミノルタ WEEKYL PHOTOS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸にて

0115_01 再び神戸での写真です。α-7digitalで撮影しました。手振れ補正機能というのは非常にすばらしい機能です。瞬時にカメラを構えてサッと撮る時になんか威力を発揮してくれます。でもピントや構図の問題は別です。特に手振れ補正機能が効果的である室内などでやや暗い条件化ではどうしても絞りは開放気味になります。そうすると必然的に被写界深度は浅くなるので思った位置にピントがあっていないということが出てきます。ISO感度を上げて少し絞ってやればいいのですが、どうしても限界があります。こうなってくると後はひたすら慣れの問題なのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北野異人館

moegi2 女房は今日から出勤というのうで昨夜から久しぶりに神戸に写真を撮りに行こうと思い、あれこれと段取りを練っていたのだけれどやはり思うようにいかないものである。大阪で用事を済ませて神戸方面に向かったのは午後2時過ぎでした。手元には気付いたらなぜかリコーのGR1S(Neopan400が2本)とCaprioGXの2台が。本当はα-7Digitalの予定だったけれど、この2台の組み合わせも案外悪くはないかな。GR1Sで写真をとるのはかなり久しぶりで、最初は少し戸惑ったけれど撮りはじめると、サクサクと進んでいく。
 場所は北野異人館の萌黄の館と風見鶏の館の周辺にしぼり2時間弱ほどでフィルムを使い切り、GXの方もメモリーの余裕がなくなったところで、駅に向かう。現像は明日ヨドバシカメラに出すことにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)