« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

桃の節句 それから

mm

娘の雛人形をようやく飾ったと思ったら2,3日して家内が自分用といってなにやら箱を持ち出してごそごそとしてた。気がつくとなんとミッキーとミニーの雛飾りが置いてあった。よくよく見るとミッキーの鼻がなくなっていてペンで塗ってある。そういえば上の子がまだまだ小さいころおもちゃにして遊んでいて鼻をへし折ってしまったのを思い出した。今にして思えばそれは何かを暗示していたのだろうか・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィルムを選ぶように

    nao0602
      D50 developer SILKYPIX

デジタルカメラを使うようになって便利になったこともあるがやはりフィルムを使っていたときと勝手がかなり違うことがある。その一つにフィルムのときはその時々によってフィルム種類を変えれば同じレンズを使っていても全然違う色の写真になったのに、デジタルカメラでは一度カメラを決めてしまうと基本的にはそのカメラの発色傾向から逃れにくいことだ。確かにレタッチなどである程度の変換は可能かもしれないが画像の劣化などを考えるとフィルムを使って分けていたときほどには自由さは少ないように思う。
 でも最近になっていろいろなRAW現像ソフトを使えるようになってきて自由度が増してきたようです。SILKYPIXのようなソフトだと予め何とか調のような感じで現像パラメータが用意されているのでレタッチソフトと格闘して挙句の果ては修復不能な状態になってしまうといことも減ってきたように思います。そして何よりも同じカメラで撮っても後でかなりイメージの違う写真が出来たりとケッコウいけてるのです。
 あと欲を言えば色飽和バリバリのA社ウルトラ調とか、モノクロームでもネオパン調やトライX調なんてのを作ってくれたりすると個人的にはうれしいのですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桃の節句

hinamaturi


 これを見ると春近しと少し心が軽くなるような気がします。
 私は男兄弟で育ったので3月3日という日に特に記憶に残るようなことはないのですが、娘が生まれて雛人形を飾るようになってからこの日が春の始まりのような気がするのです。
 そしてしまうのが遅れると・・なんて話を聞くのですが娘にもうしまっちゃうのと言われるともう少し飾っておこうかと3月いっぱいくらいはいいよねと勝手なことをいって、まだまだ遠い将来のことに思いをはせたりするのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RAW現像

2637_03

D2H AF35mm/F2D SILKYPIX

 最近のデジカメは非常に画質がよくなってコンパクトタイプでも800万画素のカメラもあります。ところがこのD2Hはデジタル一眼のくせして400万画素しかなくて、しかも散々にノイズがひどいなどとたたかれたカメラです。でも最近使っていて思うのですがAFはやはりD200なんかより速いし、画素数がそこそこなのでファイルサイズもそれ程大きくならずCFへの書き込みも速い。確かに高感度でのノイズはきついときもありますが、実はRAWで撮影してSILYPIXなどで現像してやるとPhotoshopなどでそんなに凝った画像処理をしなくともカメラでのJPEGと比較して見違えるほどの画像になるのです。
 撮影中にどうしても気になるのはカメラの液晶画面がサイズは大きいのですが解像度がかなり低くいことでしょうか。後でパソコンで見てみると全然問題なしです。カメラの液晶モニターだけでも最新のものに変えることが出来たら、とても使いやすいカメラになるのではないかと思っているのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武庫川のほとりの教会

kyoukai

 武庫川を散歩していたら小さな教会があるのに気がつきました。幼稚園も一緒でいかにも教会といった建物ではないのですが、調べてみるともう50年近くもこの地にあるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西宮神社で厄除け

nishinomiyajinjya

 西宮神社でお祓いをしてもらってきました。実はそうゆう年頃なんです。家族といって申し込んだのは僕一人でしたが結局家族みんなお祓いをしてもらいました。ついでに待合室に先客らしき人が2人いてもしやと思ったら案の定いっしょにまとめてでした。あま、お祓いをしてもらって特別にいいことが起きるわけではなくていままでどおり平穏無事に暮らせればいいわけでよしとしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »