« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

精霊流し

 今日、いやもう昨日になるのかな、買い物に行こうと車で甲子園球場付近を走っていると小さな川(新川)の付近に「精霊流し」と書いたいくつかののぼりが立っていた。見た感じでは昔からの風習といった様ではないがもう「お盆」なんだなと思った。「精霊流し」といえば我々の世代は「さだまさし」の歌を思い出し、なんとなくは長崎の独特の風習と勝手に思い込んでいたりするが、広辞苑などを調べると8月15日から16日にするものとしか記述はなく地域のことには何も言及されてはいない。これも大ヒット曲の功罪といったところか。もう一つ、これは功罪かどうかは不明であるが読み方である。「しょうろうながし」ではなく「しょうりょうながし」である。歌の題名は確かに「しょろうながし」であり歌詞もそのようになっていたと記憶しているので、もしかしたら長崎では「しょうろうながし」というのかもしれない。
 いづれにしても僕は「お盆」というと今年も夏が終わりかけているなあと思うのであるが、ここ数年の日本の暑さはそのような季節感もなくしてしまうほどに暑いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

使い道のない風景

 train002
いつもの何気ない夜の駅。でも夏休みで人はまばら。ネクタイ姿のサラリーマンたちも今はつかの間の休日をどこかで過ごしているのであろう。それでも僕はいつものように朝同じ時間に駅に行き同じ時間の電車に乗る。そしていつもよりは数は少ないが同じ電車に乗り合わせる名前も知らない顔見知りに会い、なぜか少しホットする。そして夜になりいつもより人気の少ないホームで、いつもとは違う見慣れた風景に出会った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花火大会

 今年も平成淀川花火大会が行われました。例年だと会社帰りに電車から花火を見るのですが今年はたまたまなのか土曜日の開催で家のベランダから子供と見ることになりました。子供は大はしゃぎでご近所さんにはかなり迷惑だったかもしれませんが、僕は僕でカメラに望遠レンズ(70-200mmF2.8に1.4Xテレコン)そして三脚を用意していて、他人から怪しまれないかと家内にいわれながらも密かに子供以上に期待をしていたかも知れない。何枚か撮影してどうしてもブレを止めることが出来ないのでもう一つ三脚を持ち出してきてレンズの鏡胴を支えて何とかましになった。カメラをセットしてファインダーを覗いて初めて手前に高圧電線があるのに気がついてそこの電線を切ってくれと叫びたくなるのをこらえて、こればかりはいかんともし難いと諦めたのであるが、今度はパソコンで写真をみてみるとどの画像にも黒い丸い点が二つあるのに気がついて先日CCDクリーニングに出したばかりなのにとビックリした次第である。まあ、いずれにしてもいくら望遠レンズを使ったといえどももかなり離れた花火を撮影するのは少々無理があるなあ。来年は近くまでいけるかなあ。yodogawa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の甲子園大会開幕

夏の甲子園大会が開幕しました。開幕直前にしていろいろとあったようですが今年はどのようなドラマがまっているのでしょうか?楽しみです。そして、しばらくホームを離れる阪神タイガースがどのようになるかも今年は楽しみです。なにはともあれ、今朝開会式をやっているであろう時間に近くを車で通ったところ大きな旗が風にはためいていたので車の中からF10でパチリと外の様子を撮っておきました。kousienn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »